車に使われてる素材って何があるの?

忙しい毎日を送っている私たちにとっては、車という存在は色々な意味で不思議なものとして考えられているのかも知れません。

毎日が忙しすぎて、車を購入する時には料金を支払って購入をするような感じになり、そこから毎日を当たり前のように使用する傾向にあると思われます。

しかし、それは車の作りがしっかりしているからそのような事ができるのであり、車の素材がしっかりしている事を指していると言っても過言ではありません。

もしも車の素材があまり良く無ければ、走行中にかかる色々な負担に車自体が耐えられなくなってしまう事が簡単に予想できます。

そうなりますと、走行中にいきなり車が破損する可能性があります。

しかし、実際にはそのような現象は起こっていませんから、これはやはり車に使われている素材がしっかりしているからだと言えるのではないでしょうか。

しかし、みなさんは車がどのような素材によって作られているのかをご存知でしょうか。

実は、色々な素材が使われているような実状となっており、これを理解する事で車に関する知識も増えますが、更に世界情勢を理解する事にも繋がり、色々な方とのお話に役立てる事もできると言えます。

一般的に車に使われている素材は鉄になります。これを加工の段階から強度を増すように作られており、走行中に掛かる色々な負荷に耐えられるようにしています。

走行中の負荷と言えば、万が一車がぶつかった時に大きく車が破損しないようにする為の強さの事を思われるかも知れませんが、走っている最中に起こる重力加速度に堪えないと、車の形が変形する事にもなります。

それに耐えられるだけの力を備えている鉄であると言えます。

また、車の重量を抑える為には、ボディの殆どにアルミニウムが使われる事もあります。これによってかなり軽量化がなされ、燃費が良くなるというメリットも出てきます。

更にこれからはカーボンを使ったボディも出てくるという事が言われています。

カーボンの強度はどうですか?

一般的なクルマのボディに使われている素材は鉄です。鉄を使うメリットは、丈夫で加工しやすく、また価格が安いということですが、重い、錆びるなどのデメリットもあります。

地球環境の問題から、少しでもCO2の排出量を削減するために、燃費が重要視されるようになってきていますが、燃費を良くするためにはエンジンの性能だけではなく、ボディもできるだけ軽いほうが良くなります。

そこで注目されているの車の素材がカーボンファイバーです。

カーボンファイバーは日本語では炭素繊維強化樹脂といいますが、アクリル繊維を約1000度の高温で焼いています。その特徴は、軽くて強度があるということで、ゴルフクラブや釣り竿等にも使用されていることでもよく知られています。

強度は鉄の約10倍、重量は鉄の約25%。これまで軽さではアルミニウムが注目されていましたが、それを遥かに凌ぐ高い強度と軽量化が可能です。クルマの骨格に使った場合、燃費が約40%も良くなると言われています。

実際に、カーボンファイバーが使われているクルマも徐々に出てきています。たとえばレクサスの高級スーパースポーツカー「レクサスLFA」のボディ骨格に、このカーボンが使用されていますが、その結果車両重量は僅か193kgと超軽量なボディを実現しています。また高級車だけではなく、アメリカで発表された新型のトヨタカローラの一部にもカーボンが使用されていると言われています。

また、BMWのコンパクトEV「i3」や、PHV仕様のスーパースポーツカー「i8」のボデー骨格にもカーボンファイバーが使用されています。さらにランボルギーニのスーパーカーなどにもふんだん使用されています。

カーボンファイバーは車の素材としては大変優れていますが、唯一問題なのは価格で鉄の約10倍します。

今後の問題はいかにコストダウンすることができるかです。国内の自動車メーカー各社も研究開発を進めており、経済産業省も国家プロジェクトとして支援しています。

LINK


Warning: readfile(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /usr/home/ae110wyscp/html/index.html on line 123

Warning: readfile(http://shakyo-240.sakura.ne.jp/car/out.php?20): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: hostname nor servname provided, or not known in /usr/home/ae110wyscp/html/index.html on line 123