モノコックボディって何?

モノコックボディとはフレームとボディが、
1体となってる車体構造のことで、
一般の車はまずフレームと呼ばれる骨組みがあり、
それを柱にしてエンジンやボディなどの、
車のパーツを取り付けていくのに対して、
モノコックボディは最初から、
フレームとボディが1体になっているため、
鉄の箱にエンジンなどを取り付けていく感じになります。

モノコックボディの一番の特徴は、
剛性が高く軽量な車が作れることで、
一般の車は外部からの衝撃を骨組みであるフレームで吸収しますが、
モノコックボディはボディ全体で衝撃を吸収し、
また衝突時などの事故の際はボディ全体が変形することによって、
室内への衝撃をやわらげドライバーの安全を守ることができます。

そのためF1などのレーシングマシンや、
安全性を重視する観光バスなどは、
ほとんどモノコックボディを採用しています。

また材質も衝撃吸収の観点から軽量で柔軟性のある物が使われており、
カーボンやアルミなどさまざまな物が使われています。

ただしモノコックボディも上記のようなメリットがあるだけではなく、
デメリットも存在します。

エンジンを直接ボディに取り付けて保持しているため、
振動が大きくなったり、
サスペンションも同じくボディに取り付けているため、
路面の振動を拾いやすく乗り心地が犠牲となります。

また衝突などの大きな事故を起こすと、
一体構造であるため細かい修理ができず、
細かい腐食などがあっても、
全体の剛性のバランスが崩れてしまうなどのデメリットも存在します。