ラダーフレームのメリットは?

クルマの構造はモノコック構造と呼ばれるものと、
ラダーフレーム構造と呼ばれるものの大きく二つのタイプがあります。

昔はラダーフレーム構造しかありませんでした。

現代の多くのクルマはモノコック構造となっています。

両者の違いを簡単に説明すると、モノコック構造というのは、
ボディとシャシが一体となった構造のことをいい、
それに対してラダーフレーム構造というのは、
シャシとボディが独立しており、
ハシゴ状のフレームの上にボディを載せ、
下にはサスペンションなどの、
走行装置関連の車の部品が付いている構造となっています。

どちらが丈夫で安全かということに関しては、
簡単に言うことができません。

事故を起こした場合、モノコック構造はボディ全体で衝撃を吸収する構造となっているため、
乗員の安全性はラダーフレームより高いですが、
クルマのボディは大きく歪んでしまいます。

それに対してラダーフレームは、
事故を起こした場合、その衝撃が後部まで伝わり易く、
乗員の安全性はモノコックより低いです。

しかし、ボディが歪んでも、
フレームがしっかりしていれば、
サスペンションやエンジンは守られて、
なんとか走行が可能となります。

モノコック構造を採用するクルマが、
一般的になっている状況の中で、
今でもラダーフレームに拘っているのは、
トラックや本格的なオフロードカーなどです。

ラダーフレーム構造を持っている代表的な国産車は、
トヨタ・ランクルやプラド、スズキ・ジムニーなどがあります。