ブレーキパッドの変える時期は?

数ある車の部品の中でも、
命に関わるような重要なパーツの一つがブレーキです。

ブレーキがきかなければ車を停止することができないので、
大事故につながる可能性があります。

そのために定期的な検査と交換が必要になってきます。

ブレーキにはディスクブレーキとドラム式ブレーキがあります。

最近はディスクブレーキを採用する車が増えていますが、
ドラムブレーキを採用している車もまだまだたくさんあります。

ディスクブレーキローターを両側からブレーキパッドで挟んでタイヤを停止させます。

そのために使い続けていくとだんだんとブレーキパッドがすり減っていきます。

新品のブレーキパッドは約10mmありますが、
残り何mmあるかで交換時期を判断していきます。

半分の5mmになると注意が必要になってきます。

少し早いかもしれませんが、
安心のために早目の交換をしても間違いではありません。

ブレーキパッドはサビなどが発生して急激に減ることもあるからです。

残り2mmになると即交換と考えて良いでしょう。

もしそのまま使い続けると、
ブレーキパッドが無くなり、
ローターを傷つけることになります。

ローターも交換となると余計な失費となってしまいます。

少しでもブレーキを長持ちさせたいと思う場合は、
急ブレーキを避けたり、下り坂が続きような道ではエンジンブレーキなどを使うようにすると良いでしょう。

また、費用がかかっても、安全のためには早めの交換を心がけることも大切です。