おすすめのサスペンションは?

走りや乗り心地を大きく左右する車のパーツがサスペンションです。

サスペンションはショックアブソーバーとスプリングから構成されており、
スプリングはクルマを支えて衝撃を吸収する役割があり、
ショックアブソーバーはスプリングの振動を減衰する役割があります。

車体に取り付ける方式は大きく分けて車軸懸架方式、独立懸架方式、
トーションビーム式に分けられます。

最も歴史が古いのはタイヤを車軸で連結した車軸懸架方式で、
乗り心地が良く現在最も普及しているのが独立懸架方式です。

トーションビーム式は軽自動車などに多く採用されています。

また、独立懸架方式の中で、現在最も多く採用されているのは
低コストなストラット式サスペンションですが、
さらにタイヤの接地条件が良く、
乗り心地や操縦安定性が高ダブルウィッシュボーン式や
マルチリンク式と呼ばれるサスペンションで、
高級車やスポーツカーなどに多く採用されています。

ノーマル車に装着されているサスペンションが気に入らない場合は
交換することも可能です。

有名なメーカーにビルシュタインやザックスなどがあり、
国産車の乗り味とは違うしっかり感のある乗り味に驚くことでしょう。

車のパーツの中でも、それほど高額ではないのに
大きく乗り心地や走りを変えることができる部品が
サスペンションと言って良いでしょう。

サスペンションには寿命がありますので、寿命が来たときに合わせて、
純正品とは違うメーカーの部品に変えてみるのも手です。