低燃費タイヤはいいの?

ハイブリッドカーのような燃費を重視した車のパーツとして、低燃費タイヤがよく用いられます。

低燃費タイヤとは、その名の通り燃費の良いタイヤのことで、車の燃費性能はエンジンだけではなく、様々なものが影響しており、その一つがタイヤなのです。

低燃費タイヤの特徴は、転がり抵抗の係数が低いことです。

タイヤの主要な素材にゴムが使われていますが、そのゴムと路面の間に生じる摩擦力(グリップ)を利用して止まったり、曲がったりすることができます。

このグリップ力が高いほど止まる、曲がるの性能が高くなり、グリップ力が低くなるとその逆となります。

また、このゴムと路面との間に生じる摩擦は走行抵抗のひとつとなるわけですが、この走行抵抗のことを転がり抵抗と言い、転がり抵抗係数が高くなるほど燃費は悪くなり、逆に低くなるほど燃費は良くなります。

転がり抵抗が低いタイヤというのは、わかりやすく言うとよく転がるタイヤであるということです。

よく転がるということは、同じ力(燃料)でより遠くまで走ることができるということです。だから燃費がよくなるわけです。

しかし、低燃費タイヤにはグリップ力が弱くなってしまうという大きな問題があります。

それは安全性に大きく関わってきますし、走る愉しさにも半減してしまいます。

そこで各タイヤ―メーカーでは転がり抵抗を低く保ちつつ、同時にグリップも保てるように工夫しています。詳しいことはタイヤごとに性能表示があるのでそれを見て確かめると良いでしょう。